メタボ解消マニュアル

メタボ解消法

睡眠

睡眠障害があるとストレス過剰となりその結果として様々な生活習慣病を引き起こしメタボリックシンドロームが悪化してしまいます。また太っている人は睡眠時無呼吸症候群を引き起こし、大変危険な状態に陥ることがあります。正しい睡眠は疲れを癒し、健康状態の維持に大変重要です。

睡眠時無呼吸症候群のことを知ることでメタボ解消に役立てましょう。2003年山陽新幹線の運転手が居眠り運転で停車駅を通過しようとした事件がありました。当初「居眠り運転なんてけしからん!」と非難の対象とされていましたが、調べてみるとこの運転手は睡眠時無呼吸症候群と言う病気にかかっていて、それが仕事中の危険な居眠りに繋がっていたのです。

今では男性の約30人に1人、女性では約200人に1人の割合でこの睡眠時無呼吸症候群にかかっていると言われています。睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に呼吸が止まってしまう病気です。呼吸が止まると脳は眠りから覚まさせようとして眠りを浅くします。その結果毎晩のように寝不足気味となり、日中に尋常ではない眠気に襲われるのです。

家族や周囲の人からいびきが酷い、寝ている間に呼吸が止まっているような感じがすると言われたら要注意のサインです。睡眠呼吸障害研究会の診断フローチャートによれば、日中に強い眠気を感じる、睡眠中に窒息感やあえぎ呼吸を感じる、朝目覚めたときにすっきりしない、起床時の疲労感が強い、集中力がない、といった症状のうち2つ以上に該当する場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いといわれています。

心当たりのある人は耳鼻科などで専門の検査である睡眠ポリグラフ検査を受けましょう。この検査は被験者が睡眠中の脳波や筋電図、眼球運動、呼吸状態、血液中の酸素の濃度を一度に測って記録することが出来ます。

沢山のコードが装着されますが痛みは無いので心配いりません。健康保険適用で自己負担額は大体2万円ぐらいです。1泊の入院が必要になりますが、夕方から入院して翌朝には退院となりますので仕事に支障が出ることは少ないと思います。時間があれば当日のうちに検査結果と診察を受けて退院となります。

この検査では「無呼吸」だけではなく、呼吸の深さが通常の半分以下となる「低呼吸」も診断することが出来ます。このように心当たりのある人や心配な人は専門医に相談することが重要です。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル