メタボ解消マニュアル

メタボ解消法

正しいダイエットー食事編ー

メタボリックシンドロームの予防と対策でまず第一に大切なことは、毎日の食事の内容について見直してみることです。食材や調理法についてきちんとした知識をつけておくことで栄養をしっかりと摂りながらカロリーを少なくすることができるのです。

メタボリックシンドローム対策で最も重要なキーワードはコレステロールと中性脂肪です。内臓脂肪型肥満によって引き起こされる動脈硬化症はこのコレステロールと中性脂肪が悪さをしていることが原因だからです。

したがって検診でメタボリックシンドロームを指摘されたあるいはその予備軍であると指摘された人は毎日の食習慣の中でこの二つの物質を摂りすぎていないかどうかを確認してみましょう。コレステロールや中性脂肪は脂質の多い食事に含まれていると考えられていますが、脂質のあまり含まれていないたらこやすじこなどの魚卵類には豚肉や牛肉の10倍近いコレステロールが含まれています。

最近では食材を買うときにパッケージのカロリー表示を気にする人も多いかと思いますがコレステロールや塩分の表示にも気を配ってみると良いでしょう。コレステロールには善玉と悪玉の2種類が存在します。メタボ対策にコレステロールの多く含まれる食品を避けすぎたために善玉コレステロールが不足すると却って健康バランスは崩れてしまいます。

善玉コレステロールを多く含む食材としてはごま油や菜種油などの植物性油や青みの魚があげられます。植物性油に含まれる飽和脂肪酸はメタボ対策やダイエットには必要な栄養素なのですが、一般的にカロリーも高めなので適量を継続して摂取するように心がけましょう。また善玉コレステロールの多く含まれる食材には魚があります。

なかでもEPA(エイコサオエンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は中性脂肪を吸収して体内に溜まりにくくしてくれるのでメタボリックシンドローム対策として積極的に取り入れたい食材です。ごま油やマーガリンに含まれているリノール酸には悪玉コレステロールを下げる働きがありますが、酸化しやすいという特長があります。

酸化したリノール酸は却って善玉コレステロールを減らしてしまうことがあるので、大量に買わずに使う分だけをこまめに購入し、購入後は出来るだけ速く消費するほうが良いでしょう(あくまでも適量の範囲でですが。)リノール酸に比べてオレイン酸はリノール酸よりも酸化しにくく。また体に優しいことで最近注目されています。

食用油を購入の際には気をつけてみたい成分の一つです。メタボを気にするあまり肉などの動物性たんぱく質を敬遠する人も多いですが、健康な細胞を作り出すのに大切な栄養素です。赤身の肉にするなど上手にコントロールして摂るようにすれば却って脂肪の燃焼には有効な働きをするのであくまでも適量を上手に摂るようにしましょう。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル