メタボ解消マニュアル

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームはなぜ怖い?

日本人の年間死亡率上位3位は1位ガン、2位心筋梗塞、3位脳卒中となっており、この3大疾患で死亡する人は全体の約60%以上を占めます。そしてこのガン、心臓病、脳卒中はそのまま3大生活習慣病と呼ばれます。

メタボリックシンドロームと診断された人は症状が進むことで動脈硬化症を引き起こし、この3大生活習慣病を発症してしまう確立が高くなるのです。メタボリックシンドロームの更なる危険性は自覚症状が殆ど無いところにあります。自覚症状が無いことで本人としては病気に対する意識も希薄で、生活習慣が好ましくないという認識も無くなかなか生活習慣を改善しようとする自覚がもてません。

しかし、こうしている間にも動脈硬化はどんどんと進んでいるのです。そうこうしているうちにやがて健康診断で脂質異常や高血圧、高血糖を指摘されますが、これらはサイレントキラーと呼ばれるように客観的にデーターがあがっていても尚自覚症状が無く危険な状態が進行していると気づかない人が多いのです。

メタボリックシンドロームとはこの生活習慣の乱れが原因となる病気を複数抱えている場合を指します。専門家にメタボリックシンドロームを指摘され、生活習慣を改善しなさいと指摘されてもなかなかそこまで実行する人が少ないのです。

こうして当の本人が無関心でいる間に静かに進行した動脈硬化はある日突然牙を剥きます。突然の激しい胸痛や頭痛を引き起こし、それは心筋梗塞や脳卒中である場合が多いのです。またガンも生活習慣に密接に関連した病気であると言えます。

これらの病気は自覚症状が現れたときには既に病気の進行がかなり進んでいるため、助かったとしても少なからず後遺症が残ってしまうケースが非常に多いのです。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル