メタボ解消マニュアル

メタボリックシンドローム

肥満とメタボリックシンドローム

肥満な人=メタボな人、こんなイメージが世間には広く浸透しています。では、本当に肥満とメタボリックシンドロームとは同義なのでしょうか?答えはイエスでもありノーでもあります。

先ずは肥満と言うものを考えて見ましょう。肥満とはいっぱんてきに正常な人に比べて体重が多い人、若しくは体脂肪が蓄積された状態のことを言います。ぱっと見お腹が出ている人の多くは皮下脂肪が多いタイプの肥満ですが中には内臓脂肪型肥満といって体内の脂肪が通常よりも多いタイプの肥満の人も居ます。

医学的に皮下脂肪の多い人の肥満よりも内臓脂肪型の肥満の方が深刻な事態と考えられています。したがって肥満症と言うのは立派な病名で生活習慣病の一つなのです。

一方メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、高脂血症の2つ以上を合併した状態のことを言いますが現代では解釈の拡大がされていて、生活習慣病を複数合併している状態のことを指して言うようになりました。

したがってメタボリックシンドロームの定義には内臓脂肪型肥満が必須なので、単に見た目が太っている人は皮下脂肪型の肥満である可能性もありメタボ予備軍であってもメタボな人とは断定しきれないのです。

また痩せているように見えても実は内臓脂肪が高くその結果として高尿酸血症や高血圧症などの生活習慣病を併せ持っている人は確実にメタボな人なのです。とはいえ、見た目の肥満は一つの原因となりえます。肥満の解消はメタボの解消につながるのは間違いないと言えるでしょう。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル