メタボ解消マニュアル

メタボが引き起こす疾患

心筋梗塞

心筋梗塞をはじめとする心臓病は日本人の死亡率第2位となる怖い病気です。心臓病の中で最も高い致死率を持つ心筋梗塞とはどのような病気なのでしょうか?心臓を構成する心筋は体内で最も屈強な筋肉と言えます。しかし、その心筋に新鮮な空気と栄養素を送り込む冠動脈の機能が低下してしまってはその強さを維持することは出来なくなってしまいます。

動脈硬化症などが原因で冠動脈が狭窄してしまい心筋が壊死してしまう病気が心筋梗塞です。心筋梗塞によってダメージを受けた心筋はまるで紙のように薄くなってしまい、血液を送り出すときの勢いで破れることもあります。また心筋梗塞は不整脈を併発します。平素時でも不整脈が起こると言うことは心筋の機能は著しくて低下していることが予想され、やがては心停止を引き起こしてしまいます。

心筋梗塞の原因は主に動脈硬化などによって引き起こされる冠動脈内の血栓や狭窄です。そして動脈硬化症は高血圧や糖尿病、高尿酸血症などの生活習慣病あるいは喫煙や過労、睡眠不足によるストレスなど生活習慣そのものによって引き起こされます。

メタボリックシンドロームを指摘されている人あるいはその予備軍といわれている人は特に注意が必要です。心筋梗塞について現代では治療方法も確立されつつあり、初期の心筋梗塞では胸開手術をしなくても心臓カテーテル法を用いて狭窄した冠動脈内に金属製のステントを留置したり、風船状の器具を用いて血管内を内側から押し広げるバルーンパンピング法などの治療も可能になってきました。

しかし、患者数は年々増加の傾向にあります。治療法の確立にも関わらず、患者数が増えてきている原因は現代人の生活スタイルに問題があり、特に食生活の欧米化、慢性的な運動不足、不規則な生活スタイル、受験や仕事上のストレスなどが深く関わっていると考えられています。心筋梗塞は発作を起こすと激しい胸痛に見舞われます。

発作後6時間以内に外科手術を含め適切な処置をすることで生存率は高まります。しかし一度壊死した心筋は元には戻らないので、日ごろから生活習慣を改め、動脈硬化症を引き起こす生活習慣病やメタボリックシンドロームに罹らないようにすることが何よりも大事なことです。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル