メタボ解消マニュアル

メタボが引き起こす疾患

動脈硬化症

動脈とは、心臓から全身に酸素や栄養を送り込む血管のことで、とても大切な役割を担っています。動脈にはもともと弾力があり、血液の流れがスムーズに流れるように内壁が滑らかに出来ています。この血管が厚く硬くなり、コレステロールが固まって血栓となり内壁にへばりついて血液の流れが悪くなるあるいはなんらかの原因で動脈が硬くなる病気のことを動脈硬化症と呼びます。

動脈硬化症にはいくつかのパターンがありますが、最も患者数が多くコレステロールが深く関与しているものが粥状(アテローム)硬化です。これは脳や心臓などの重要な臓器の太い動脈の内皮にコレステロールなどが付着して盛り上がり血栓(アテローム)となって、血管内部が狭窄し、血液の流れを妨げるものです。

またコレステロール値や中性脂肪の値が高い血液は血液自体がどろどろの状態でそれ自体の流れが悪くなっています。これは血液中の脂質が異常に多い状態で脂質異常や高脂血症と呼ばれ、動脈硬化を引き起こす原因となります。コレステロールにはHDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールがあり、HDL(善玉)コレステロールには体内にある余分なコレステロールを肝臓に戻す働きがあります。

一方LDL(悪玉)コレステロールには逆に体の隅々にコレステロールを運ぶはたらきがあり、このLDLコレステロールが多すぎると固まって血管内に溜まり、それが積もると血栓となり動脈硬化を引き起こします。メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型肥満が定義付けされていて、動脈硬化症もこの内臓脂肪が引き起こす病気です。

内臓脂肪型肥満の人には脂質異常(主に高脂血症)、高血圧、糖尿病を抱えている人やその予備軍が多く、また喫煙や過度の飲酒などによっても起こりうる状態です。また几帳面でストレスを溜めやすい人やコーヒーを飲みすぎる人、運動不足の人なども動脈硬化症になりやすいパターンです。動脈硬化症は進行すると心筋梗塞や脳卒中など致死率の高い病気に直結してしまいます。

また動脈硬化症の原因の多くは生活習慣病と呼ばれる日常生活の乱れから起こる病気なので、日常生活を規律正しく改善し、適度な運動を取り入れ、血液の状態を正常に保っておくことで予防可能な病気です。

発症後は悪玉コレステロールをコントロールする投薬治療もありますが、そうなる前に日ごろから食事はきちんと3食摂る、十分な睡眠と水分を取る、適度に運動する(1日3kmほどのウォーキングが目安となるでしょう)。食べるときは良く噛む。楽しめる時間を持つなどを心がけて動脈硬化症を予防しましょう。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル