メタボ解消マニュアル

生活習慣病

胃、十二指腸潰瘍

胃や十二指腸に出来る潰瘍はストレスが原因で起こります。胃や十二指腸からは食物を消化するために胃液が分泌されます。胃液は強い酸性を示していて、この胃液の強酸から胃や十二指腸自身を守るため粘膜からは粘液が分泌されています。

ところがこの胃液と粘液とのバランスが崩れると胃酸によって粘膜が傷ついたりただれたりします。重症の場合は胃壁に穴が開くことがありこの穴を塞ぐために組織が硬く盛り上がってしまった状態のことを潰瘍と言います。

胃炎とは緊張などのストレスから胃酸の分泌が促進され、胃粘膜を傷つけます。最初は胃粘膜の表面をただれさせますが、この状態が慢性化することで胃壁を攻撃し、穴を開けます。またピロリ菌も胃、十二指腸潰瘍を招く原因の一つです。

胃、十二指腸潰瘍の男女比率では圧倒的に男性が多く、胃潰瘍は中高年に、十二指腸潰瘍は20から30代の若年層によく見られます。胃、十二指腸潰瘍の予防には何よりも日ごろからストレスを貯めないようにすることが大事です。

趣味を持ち友人との楽しい時間を共有する、スポーツをして爽快な気分になるなど意識的にストレスを解消する手立てを考えて見ましょう。また食事の内容は栄養のバランスが良く消化の良いものを心がけましょう。

献立には高たんぱく、低脂肪のものを中心に、野菜は生で摂取するよりも温野菜や熱を加えましょうそうすることで細胞壁を壊し、消化されやすくなります。辛すぎるものや刺激の強い食品は胃液の分泌を促すので避けたほうが懸命です。また良く噛んで食べることで胃や十二指腸への負担を減らすことができます。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル