メタボ解消マニュアル

生活習慣病

高血圧症

血圧とは、血管内を流れる血液が血管に与える圧力のことです。血圧を測定する場合には血管が動脈に送り出されるときの最大血圧と、心臓が拡張して血液が心臓に戻るときの最小血圧とがあります。

この最大血圧と最小血圧の差が小さい、あるいは最大血圧が140mmHgを超えている、または最小血圧が85mmHgを超えている、もしくはこの両方の条件を満たしている場合に高血圧症であると言えます。しかし、血圧は時間や測定しているときに緊張状態にあるなどの条件で大きく変動します。

したがって平時より家庭用の血圧計などを用いて安静時の血圧の平均値を知ることは高血圧の診断にとても有効です。安静時の血圧が正常の範囲内だとしても緊張しやすい性格の人は日常的に血圧が上昇している場面が多いため、こういった人も高血圧症になりやすいといえるでしょう。

高血圧には病気が原因で引き起こされる「二次性高血圧」と原因が特定できない「本態性高血圧」の2種類に分類されますが、このうち本態性高血圧は全体の約90%を占めています。一般的にメタボリックシンドロームの危険因子として考えられる高血圧症はこの本態性高血圧の方で、放置しておけば動脈硬化症をはじめとして脳、心臓、腎臓に血流障害による病気を引き起こしてしまいます。

時には心不全、不整脈、脳卒中、腎不全など危険な状態に陥る病気の引き金にもなりかねないので高血圧と診断された場合は生活習慣の改善が必要となります。

本態性高血圧症の原因は特定できないといいましたが、肥満や運動不足、他の生活習慣病を指摘されている人、濃い味を好む人、アルコールを日常的に摂取している人、喫煙している人などは高血圧症になりやすいので気をつけましょう。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル