メタボ解消マニュアル

生活習慣病

高尿酸血

細胞内で遺伝子の元になる物質である核酸の成分であるプリン体が代謝されるとき、尿酸という副産物が生成されます。尿酸は腎臓でろ過されて尿中に排泄されるのですが、魚卵などプリン体を多く含む食材を過剰摂取するなど、なんらかの理由で腎臓のろ過機能を上回るような過剰な尿酸が作り出され血液中の尿酸濃度が増えてしまった状態のことを高尿酸血症と言います。

日本国内には約600万人の高尿酸血症の患者が居ると推測されています。尿酸の血中濃度が7mg/dl以上になると血液内では溶解せず結晶化して尿酸塩となり腎臓や関節、耳たぶなどに沈着し、激痛が走ります。この状態のことを一般的に痛風発作と言います。

高尿酸血症を引き起こす原因としてはプリン体を多く含む食品の摂取以外にも体質や肥満、飲酒、激しい無酸素運動、ストレスなどに加え、血液疾患や腎臓病も考えられています。これらの原因のうちメタボリックシンドロームの危険因子として数えられるものは食材、飲酒、肥満、ストレスなど生活習慣に起因するもので、体質や腎臓病、血液疾患など先天的な要因や他の疾患に起因するものなどは含まれません。

高尿酸血症の発作(痛風発作)で最も代表的な症例は親指の付け根が赤くはれ上がり、我慢できないほどの激痛に見舞われるもので痛風とは風に吹かれても痛いという比喩から付いた病名です。通常1週間ほどで痛みは治まりますが、放置していて治る病気ではなく、発作を起こした後は無症状でも投薬による長期の治療が必要となります。

しかし発作を起こす前の状態なら食事療法が一般的な治療法になります。一日に摂取するエネルギーの総量を減らし、プリン体を多く含む食材は控え、飲酒も控えます。

また尿が酸性の場合は尿酸は解けにくくなるので、野菜や海藻などアルカリ食品と水分を多く取り、出来るだけ尿酸を排泄するように心がけます。また適度な有酸素運動も効果的です。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル