メタボ解消マニュアル

生活習慣病

心臓病

心臓病は日本人の死因の第2位にランクされる病気です。心臓病の中で最も死亡数の多いのは心筋梗塞や狭心症で、この二つの病名を総じて虚血性心疾患と言います。このうち狭心症は冠動脈の血流が滞り、心筋へ酸素の供給が不十分になってしまい、心臓の働きが弱まった状態で、締め付けられるような痛みや息が詰まるような不快感に襲われたり、時に左側の肩や腕、頚部、下顎の痛みや痺れが伴うことがあります。

痛みは数分で治まりますが、治癒は非常に困難で通常は投薬でコントロールします。最近では心臓にカテーテルを挿入して詰まってしまった冠動脈の血栓を溶かす薬を流したり、ステントと呼ばれる金属製のコイルを挿入して血管のつまりや狭窄を直す治療もあります。

狭心症が進んで心筋が壊死してしまい心臓が正常に機能しなくなってしまう状態を心筋梗塞といい、発作に見舞われると命に関わる重大な状態といえます。治療は外科手術が一般的で、壊死してしまった血管を人工血管に置き換えます。

手術中は長時間心停止の状態が続くので人工心肺と言う特殊な装置を用いて行われます。虚血性心疾患の原因は冠動脈の動脈硬化が最も多く、激しい運動や緊張で心臓に負担がかかることで心臓は大量の酸素を必要としますが狭窄してしまった冠動脈では十分に酸素供給が出来ないことが原因で発症します。

このような虚血性心疾患を引き起こさないためには生活習慣の改善で動脈硬化を引き起こさないことが重要です。なお、弁膜症や心房中隔欠損症などの先天的な病気の場合は生活習慣病としてはみなされません。

このほか生活習慣の乱れから引き起こされる不整脈(主に高血圧症が原因)も生活習慣病としての心臓病とみなされています。

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル