メタボ解消マニュアル

生活習慣病

大腸ガン

大腸ガンは近年日本国内で急速に患者数が増大しています。原因には欧米型のライフスタイルへと変化していった事と考えられ特に動物性脂肪の摂取量の増加、運動不足、喫煙などが重要な要素とみなされています。

このことを裏付けるかの様にかつての日本型とも言える脂肪摂取量の減少、禁煙率の上昇、運動の普及が浸透してきたアメリカでは大腸ガンの発生率は年々低下しています。このようなことから大腸ガンも最近では生活習慣病と認識されてきています。

大腸ガンとは大腸の粘膜に発生する悪性の腫瘍のことで、発症部位によって「結腸ガン」と「直腸がん」に分類され、一般的に発症しやすいのは直腸とS状結腸と言われ、この両者が大腸ガン全体の約70%を占めています。

大腸ガンの症状は便の状態に顕著に顕れます。腫瘍が大きくなるにつれ腸管の狭窄が起こるので、便秘や残便感(排泄後もまだ便がお腹の中に残っている感じ)、便が細くなるといった症状が初期症状として出現します。その後便秘と下痢を交互に起こすことになり、腫瘍や腸管から出血することで下血や血便が認められ、ひどい場合には貧血を引き起こします。

また、生活習慣病としては家族性(遺伝性)のガンの場合は認められていませんが、家族性である場合も含めて、長期的に潰瘍性大腸炎を患っていた、大腸ポリープになった経験がある、偏食家である、便秘や下痢しがちである、などはリスク因子となりますので、定期的な検診が必要になります。

検便や直腸診が大腸ガンの診断には有効とされていますがバリウム検査や内視鏡による大腸ファイバーも行われ、大腸ファイバーでポリープ状の腫瘍が見つかった場合はその場で切除して病理診断に出すポリペクトミーが可能です。確定診断後の治療には外科手術によって病巣を丸ごと取り除くことが一般的ですが早期であれば開腹せずに内視鏡的に取り除くことが可能です。(検査主体のポリペクトミーとは異なります)

スポンサードリンク

メタボ解消マニュアル